プロフィール   演奏会情報   連絡先   リンク   

PROFILE  




■白岩    貢 <バリトン> Mitsugu Shiraiwa、Bariton

中泊町(旧小泊村)出身。県立木造高等学校を経て玉川大学芸術学科音楽専攻声楽課程卒業。大東音楽アカデミーディプロマコース修了。7年間東京の高校にて教鞭を執った後ドイツに留学、カールスルーエ国立音楽大学大学院芸術家養成(修士)課程歌曲解釈科修了。

第5回国際芸術連盟新人オーディション奨励賞受賞。第3回JIRA音楽コンクール第三位、平成13年度友愛ドイツ歌曲コンクール入選。1999年度国際芸術連盟音楽賞受賞。

大学在学中より演奏活動を開始し、滞独中はヨーロッパ各地でのコンサートに出演。オペラでは「魔笛」パパゲーノ役でデビュー後、「ラ・ジョコンダ」(ズアーネ)、「魔弾の射手」(キリアン)、「コシ・ファン・トゥッテ」(グリエルモ)、「ファウスト」(ヴァーグナー)、「ジャンニ・スキッキ」(アマンティオ・ディ・ニコラーオ)、「マルタ」(リッチモンドの判事)、「ハムレット」(墓堀人J)、「夕鶴」(運ず)、「メリー・ウィドウ」(サン・ブリオッシュ、「ラ・ボエーム」ショナール )等に出演。2018年にはヨハネ受難曲(ピラト)、青森市民交響楽団定期演奏会にソリストとして招かれ、マーラー「さすらう若人の歌」を独唱。信長貴富作曲の委嘱作品「寺山修司の短歌による6つの歌曲?チエホフ祭”」を2017年12月青森、2018年7月東京にて初演、好評を博した。2019年7月22日は東京文化会館にて「チエホフ祭」を再演予定。

歌曲リサイタル、トークコンサート、講演、指導等で全国的に活動中。

「シューベルト三大歌曲集全曲演奏会」を2003-2005年、2015-2018年にかけて東京・青森で開催。2006年からはシューマン、R.シュトラウスの歌曲で自主公演を続け、2009年のR.シュトラウス公演では「音楽の友」誌で高い評価を受けた。

2008年からはピアニスト・小木曽美津子氏と青森、横浜でリートリサイタルシリーズを開催。

2003年にはソロCD「美しき水車小屋の娘」をリリース。また、ギタリスト・尾尻雅弘のCD「クラシカル・オマージュ」ではモーツァルト歌曲のソリストとして参加(2008年8月発売)。

NHK青森文化センターでは各種講座を開設。他に青森大学オープンカレッジ等でも指導にあたっている。

これまでに熊木晟二、岡村喬生、近藤政伸、白井光子、ハルトムート・ヘルの各氏に師事。

現在、青森大学ソフトウェア情報学部教授。公益社団法人日本演奏連盟会員。青森第九の会合唱指導局長。

 

Copyright(c)2005 mshiraiwa.com All rights reserved.